FC2ブログ

OL・学生・人妻の素人たちを餌食にしたスナイパーたちの超ハードなSM調教物語!
※紹介するサイトは危険なサイトはありませんので安心してご利用頂けます。
アダルトサイトに対して不安を感じている人は、まずはこちらで不安を取り除きましょう

TOPページ >スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 



Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 人 | Google ブックマークに登録 | はてなブックマークに登録 | livedoorクリップに登録 | del.icio.us に登録 | Buzzurlに登録 Buzzurlにブックマーク
TOPページ >[三浦やすこ] ギャラリー (処女喪失)

三浦やすこ メス豚:三浦やすこ(みうらやすこ)
職業:女子大生(処女)
サイズ:T155cm B79 W59 H83
更新日:2006/09/28


三浦やすこ001 三浦やすこ002
三浦やすこ003 三浦やすこ004
三浦やすこ005
この記事のページやサンプル動画を見てみるwmvimage(※「このメス豚がぁぁぁ」のサイトにジャンプします)
入会情報やアダルト比較情報を見てみる(※有料アダルト比較サイトにジャンプします)

【アダルト中級者の方、有料アダルトサイトの比較情報を詳しく知りたい方】




 



管理人の独り言:

「お、お願いです・・・・こんな事止めてください・・・・ああ、死んでしまいたい」

「心配するな。もうじき死ぬ死ぬって喚かせてやる」

天井から吊り下がった滑車に拘束された体は、どうにも身動きができない。

男は唇を無理矢理奪った。
「うまいぜ。処女の唇って、こんなに柔らかくてうまいもんだったっけか・・・・」

男は物も言わず、女のセーラー服を引き裂いた。その下には純白のスリップがあった。
ナイフを出すと、女の頬にぴたぴた当てて彼女の表情が歪むのを楽しんだ。

男はブラに手をかけると一気に外して抜き取った。
女の小ぶりな乳房が目の前にぷるんと出た。

男は次に女のスカートに手をかけ、これもびりびりと一気に毟り取った。
男はズボンから自分の肉棒を取り出し、女の顔の目の前に来るように鎖を緩めた。

「舐めろよ。お前の初フェラを頂戴するぜ・・・・口を開けな」

男は女の頬を両側から思い切り掴みあげた。このままでは歯が折れてしまう。
少し口を開けたところをめがけて男の指がつっかえ棒のように入り、女の口をこじ開けた。

「おれの大事なものを噛んでみろ。お前の歯をバットで全部叩き折ってやるぜ。フェラには歯なんて邪魔だからな」

自分の口に入って来たチンポを、おぞましさに耐えつつ女はそのまま迎え入れるしかなかった。

女の舌はびくびくと彼の亀頭に触れたが、それがかえってじらす効果を上げてしまった。
男は気分を出して彼女の顔の上でピストン運動を始めてしまったのだ。
喉の奥まで肉棒が差し込まれるたびに、女は息が出来ず、怒張した男のものの匂いと感触に気が遠くなった。

男はナイフを女のパンティに這わし、亀裂に沿って下に降ろしていった。

「ここらへんに大事なものがあるの、知ってるか」

男はナイフの先で彼女の肉芽を突ついた。

「ああ・・・・ひっ!」

自由を奪われた身体で、女は身悶えした。。。怖い。。。

女は一糸まとわぬ姿にされてしまった。

男は指で女のまんこを大きく広げ、入り口を徘徊った。

「温かい。ピンク色できれいだな。ま、でも、すぐに毒々しい真っ赤になるんだがな」

彼の男のものはすでに大きく先端はぬらぬらと濡れていた。
独りでオナニーすらしたことない女は、自分の中にこんなものが入ってくる事など想像もつかなかった。
しかしその怪物のようなものは今彼女を汚そうと猛り狂って迫っているのだ。

「イヤぁ! こんなのイヤ! お願い! 許して。他の事ならなんでもしますから」

「心配しなくても、後から他の事もやってもらう」

男は、女の汚れを知らぬ純白の太股を大きく押し分けてその真ん中に腰を据え、グロテスクな肉棒を女のまんこにあてがった。

「いやあぁぁ・・・・」

女は断末魔のような声を上げた。
誰の侵入も許した事のない場所に、醜い男の屹立した肉棒が分け入ってきた。
狭く閉じられた女のまんこは、めりめりと音がするように乱暴に押し広げられていった。

自分の体内に異物が入ってくる激痛を伴った異様な感覚に、女は気を失いそうになった。
ただの破瓜の痛みだけではない。女のデリケートな柔肉を蹂藺していた。
彼女はそのあまりの激痛に、身体を弓なりに反らせた。

「ぐえっ・・・・いやあああああ」

女は絞り出すような悲鳴を上げた。

男は、まだ男を知らぬ肉襞が絞めつけてくる感触にぶるぶるっと身を震わせた。
巨大なチンポの鋭敏な先端が閉じた内側に分け入ろうとするたびに拒絶され、それに打ち勝って力づくでじわじわと侵入していく、その快感に酔っていた。

「処女はいいぜ・・・・入れるだけで発射しちまいそうだ」

「い、痛い・・・・助けてください」

湿り気を帯びていない女の繊細で秘めやかな場所は、男の肉棒の暴力的な侵入にあって悲鳴を上げていた。

女は、自分の身体に分け入ろうとする異物が激しく突き上げ、体内で暴れまわる陰惨な感覚に、死にたいほどの屈辱と絶望を感じていた。早く終わって欲しい。男に半ば貫かれた彼女は、今はそれだけを念じていた。男はいっそう腰に力を込め、女の身体の奥で、何かが裂けるような痛みがあった。

男は急に肉壁の滑りがよくなったのを感じた。
破瓜の血が潤滑油の役目をしているのか。何とも言えない甘美な快感が先端から一気に脳髄まで貫いた。

「た、たまんねえ・・・・」

男は女の胸に顔を埋め、乳房を貪った。彼の腰の動きは激しくなりぐいぐいと女を突き上げた。

その瞬間、自分の奥にどくどくと熱い奔流が注ぎこまれるのを感じて目の前が暗くなった。

こんな・・・・こんな男の精液が自分の中に注がれているだなんて・・・・終わりだわ・・・

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


コメント:0 | トラックバック:0
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 人 | Google ブックマークに登録 | はてなブックマークに登録 | livedoorクリップに登録 | del.icio.us に登録 | Buzzurlに登録 Buzzurlにブックマーク





Secret






トラックバックURL
→http://nama0930.blog104.fc2.com/tb.php/17-d256d2bf


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。